労金のカードローン金利はなぜ低いのか!

キャッシングベスト3

労金のカードローン金利はなぜ低いのか!

労金(労働金庫)、現在は「ろうきん」とひらがな表記が正式のようです。「ろうきん」は金融機関にはまちがいないですが、銀行のように限りなく利益を追求する「株主」は存在せず、「会員の代表自らが経営を行なう非営利の組織」です。会員は当然「ろうきん」とあるように「労働組合および所属する人員」が主です。なお、「生活協同組合および所属する人員」も会員です。ですが、「預金規模拡大」のために「各ろうきん所在地に住んでいるか勤めている労働者」も「会員としての取引資格」を有します。

「ろうきん」は金融機関なので銀行と同様の業務を行ないますが、「各種ローンの金利」は銀行に比べ断然低いです。なぜなら「審査方法」に違いがあるからです。各銀行では「ローン融資希望者の個人情報を必要書類により審査する」のに対して、「ろうきん」では「融資希望会員個人の審査の時に会員である労働組合が存在する企業の確認を求める」からです。ある意味企業が「保証人」になっているような感じでしょう。

ですが、「会員である労働組合に属さない一般労働者」には、「主たる労働組合向けの優遇金利」は適用されないようです。それでも「銀行のローン金利よりは低い」と考えられます。それに加え「ATM手数料が無料」なのもたいへん魅力的です。

もし「カードローン」をお考えでしたら、お近くの「ろうきん」で会員になり申し込みをされてはいかがでしょうか。「審査」にはある程度時間はかかりますが、「低い金利」と「ATM手数料が無料」の魅力はなにものにも替えがたいでしょう。なお、「融資条件」については「お近くのろうきん窓口」もしくは「ホームページ」で充分に確認することをお勧めします。

上記の理由で、「ろうきんのカードローン金利は銀行よりも断然低い」です。  

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【力を貸します!】即日振込み出来るキャッシング会社調査隊 All Rights Reserved.