複数の金融機関を使う器用貧乏のデメリット

キャッシングベスト3

複数のキャッシングを使いこなす器用貧乏のデメリット

キャッシングいわゆるカードローンは、「ある目的のためにまとまったお金が必要になった時」にはたいへん重宝します。また、今すぐ利用する予定がなくても「融資枠を確保するために申し込みをする」ことにも一定の意義があります。ですが、融資を受ければ「返済の義務」が生じます。それも「毎月決まった日に決まった額を利息を付けて返済する」必要があります。

人によっては、「複数のキャッシング」を上手に使い分けている方もいらっしゃることと思います。当然「金融会社が違えば返済日・返済金額・利息が違う」わけですから、うまくやりくりができれば「利便性のメリットが最大限になる」ことでしょう。しかし、「返済計画」をきちんと立てていないと仕事や日々の生活にも支障が出てくるのではないでしょうか。また、「自分で稼いだお金ではない」ので「使った後の充実感」が得られないようにも思えます。

ある意味「複数のキャッシングを利用されている方」は、「器用貧乏」と言えるでしょう。できればその「器用さ」を仕事に生かせば「キャッシングに頼る生活から脱出できる」かもしれません。

最近では、「キャッシングの申し込み」がインターネットで簡単にできる上「即日融資も可能」で「一定期間・一定金額無利息のサービス」も出てきました。「融資希望者の頬を札束で撫でる」ような各金融機関の「インターネット広告」は枚挙に暇がありません。わたしでも「申し込んでみようか」と意志が揺らぐことがあります。

「キャッシング」をする時は、その「メリットとデメリット」を自分自身で正確に把握してから利用されることをお勧めします。「器用貧乏」よりは「不器用節約家」になるほうが「家計の安定」には適しているように思えます。

なお、この文章は「自省の意味」を込めて自分自身に対して書いたものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【力を貸します!】即日振込み出来るキャッシング会社調査隊 All Rights Reserved.