お金を借りる時の疑問、審査ってどんなことをするの?

金融機関でお金を借りる時、必ず「審査待ち」があります。審査って何をするの?個人情報を調べあげたりするの?と不安になるかもしれませんが、ご安心ください。あくまで「融資条件をクリアしているか、どのくらい融資枠を設定できるか」の範囲内で調べたり確認するだけです。

まず、本人確認書類と申込書に相違がないかをチェックします。問題がなければ、過去の借入履歴を、個人信用情報機関で問合せ、照会します。ここで、過去5年~7年の借入状況が分かりますので、その期間に返済遅延や滞納、他の会社からの借入残高があると、年収が高くても融資枠が下がったり、最悪の場合、融資そのものを断られる可能性があります。過去7年間の間に返済トラブルがあった人は、要注意ですね。借入残高が残っている人も、そちらの返済を優先して完済してください。

借入履歴に問題がなければ、在籍確認に移ります。在籍確認とは、申込書に記入された職場に本人が勤めているか電話で確認することです。会社名でなく、個人からの電話という形で掛けるので、職場に借金がバレる心配はありません。その場に本人がいなくとも、「○○は只今席を外しております」といった言葉で、在籍確認は完了します。

これらが審査の概要です。金融機関によって、細かな違いはありますが、ほぼ同じことをすると考えていいでしょう。このように、融資ができる信用を調査するのです。ですから、極端な話、過去に何らかの犯罪歴があったとしても、現在は安定した職とある程度の収入があり、借入履歴も問題がなければ大丈夫、というわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【力を貸します!】即日振込み出来るキャッシング会社調査隊 All Rights Reserved.